トップページ > 新着情報
新着情報
FSC年次監査に出席いたしました
2016-07-25

7月19日(火)・20日(水)、川根本町内の認証林にてFSC森林認証の年次監査が行われ、F-net大井川、森林組合おおいがわ、OMMネットワークのメンバーが出席いたしました。
FSC(Forest Stewardship Council)森林認証とは、未来のために森林を保護することを目的とした認証です。この「保護」ということばには、環境保全だけでなく、間伐や造林を行うことで木材を生産し、適切な森林施業・管理による資源の循環を行うことが含まれています。現在、違法伐採等の問題が世界的に注目されており、今後、適正な管理と流通を経て供給されるFSC認証材の需要が拡大することが期待されています。
大井川流域では、川根本町と川根本町の森林所有者が中心となって、「F-net大井川」という組織を立ち上げ、平成20年に同町内の約1,592haの森林においてFSC森林認証を取得しました。
近年、オリンピック・パラリンピック関連施設にFSC認証木材が使用される等、FSC認証への注目が高まっております。森林組合おおいがわとしましても、OMMネットワークの部会においてFSC森林認証取得のための研究会を開催するなど、FSC森林認証に向けての取り組みを加速していきたいと考えております。

トップページへ戻る記事一覧へ